月刊ギャラリー 編集部ブログ
2211月/110

神山恵光陶彫展 -その時々のほとけたち- (@銀座煉瓦画廊)

"親指小指人さし指それぞれ形も役割も異なるけれど根っこは一つです"という想いを込めてつくられた「一如 天地同根万物一体也」(画像作品)はよく見ると指の一本一本が人の顔になっている。
その顔の表情は見ているだけでなんだかほっとする。
他の作品の表情も同じようにほっとするものばかり。
作家さんも作品をみてほっとしてもらえればうれしいとあたたかい言葉をかけてくれた。
寒い冬にこころがあたたまる展覧会だった。

一如 天地同根万物一体也 テラコッタ

寒山拾得 唐の脱俗的人物 詩人

会期:11月21日~11月26日

   

カレンダー

2017年5月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META