月刊ギャラリー 編集部ブログ
511月/090

アーティストのアピールタイム

先月末10月31日にアートフェア「YOUNG ARTIST JAPAN Vol.2」に行ってきました。
タイトル通り、若いアーティストたちの作品が数多く並び、それらの勢いには頼もしさすら感じた。

フェアには多くのイベントあり、その中でもアーティストたちによるアピールタイムが目を引いた。

イベント進行のスタッフから「アピールしてはどうですか?」とマイクを渡されると、アーティストたちは作品内容をそれぞれ語っていく。

美術品を創る人たちが言葉を通して、それも面前で話すとなると、少しはとまどうかなと思っていたが、聞いている限り結構しっかりと話している感じがした。

小林達史さん(写真中央)にアピールタイム後に話を聞いてみると、彼は「技法や活動内容を話しました。

ただ欲を言えば、言葉を使わずに(作品で)伝えたいのですが、見て楽しむ段階に入った人の(作品に親しむ)手伝いにはなると思います」とこの意義を認めた。

確かに、自分の作品を自分の言葉で説明することは、大事なことだろう。
またインタビューを受けるときになんかには、この経験がいきてくるのではないかと、雑誌を作る側の人間としてはふと思った。

上田

IMG_0229-2

Tagged as: No Comments
110月/090

方向音痴の編集部員

方向音痴の編集部員

日本屈指の画廊街と言えば銀座です。そのため、銀座に取材に出る事が多いのですが、方向音痴の私は何度足を運んでも道に迷います。今日は月刊ギャラリー11月号「GalleristInterview」に掲載予定の、ギャラリー広田美術さんに伺うために銀座に出たのですが、例によって道に迷いました。迷う事前提で早めに出るのですが、結局着いたのは時間ぎりぎり。その上、帰りに周辺の画廊にお邪魔する内に、また道に迷うという…。何度も歩いた道を、地図と睨めっこしながら行くのに、なぜ迷うのでしょう。摩訶不思議。

深井
深井3-1

   

カレンダー

2017年5月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META