月刊ギャラリー 編集部ブログ
2911月/100

大河原 愛展 「存在の純度/深層の在処」

大河原さんは人体表現を通して「内在する精神性」の表現を試みる

作家で、彼女の油彩やドローイングなど約50点を見ることができます。

新作ではダンサーの背面の肉体美を描きながらも、骨格をを強調させるように

デフォルメして描いています。今までの作品とは違い人間の陰の部分を描いて、

背面の美しさは背骨の美しさであり、背骨の数と同じくらい人は悲しみを

持っていると思うと大河原さんに伺いました。

その様子を背中を通して訴えるものを画面を通して感じられます。

また他の作品も精神科での治療の一環で用いられる箱庭で、人の内在する

トラウマであったり、傷をテーマに製作をしています。

ディープな内容ではありますが、大河原さんの作品を通して、

自分を解放して見ることができるような気がします。

11月18日(木)~29日(月)

新宿髙島屋10階美術画廊
※最終日は午後4時閉場。

新宿高島屋 東京都渋谷区千駄ヶ谷5−24−2 
Tel:03−5361−1111(代表)

http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment


No trackbacks yet.

カレンダー

2010年11月
« 9月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META