月刊ギャラリー 編集部ブログ
206月/100

田代裕基 個展「Inside Out」

学芸大学駅から東口商店街を歩きAMPMの手前を右に曲がるとすぐの
YUKARI ART CONTEMPORARYでは
現在、田代裕基さんによる個展「Inside Out」を開催しております。

田代さんは木を彫り、表面に彩色をほどこしていく言わば
伝統的な手法を得意とする作家です。
これまで自身が感じる生命の不思議や命が持つ
躍動感を様々な動物の姿に換えて大胆に表現してきました。

入り口すぐの巨大な象の作品「呼吸」はまるで動いているような
錯覚をするほどの迫力があり、動物達の目はよく見ると人間の目にとても近く
作品に魂が感じられました。

また、さまざまな色が混ざりあっている色彩で
動物達のさまざまな感情を表現していると田代さんはおっしゃいました。

本当に動物達に
癒され元気がもらえるおすすめ展覧会です。

根岸

田代裕基 個展「Inside Out」
2010年5月29日(土)〜6月26日(土)
営業時間:木曜日〜土曜日 11時〜19時(最終日〜17時)、
水曜日事前予約制
休廊日:日曜日、月曜日、火曜日

152-0004 東京都目黒区鷹番2-5-2-1F
Tel. 03-3712-1383
YUKARI ART CONTEMPORARY
http://www.yukariart-contemporary.com/jp/

Tagged as: No Comments
106月/100

hiromart gallery tokyo オープン!  インタラクティブアートで盛り上がり! 

文京区にオープンしたばかりギャラリー「hiromart gallery tokyo」で、
6月4日から、オープニング展「Tokyo here we come !」で行われている。
そのなかでは、ドイツに拠点を置くアーティスト・Annabelle Dorn, Gabriel
Dubois, Eilert Janssen, moki, Gerald Moll, Ki Yoon Ko + Igor Maier, NERD,
QBRK, 1010の最新作を見ることができる。
 また、4日のオープニングには、インタラクティブアートを発表。
パソコンに、ギャラリーに来ていた女性の顔を取り込み、その画像の上からドイツに
いるアーテイストがペイントしていくというもの。作品が出来上がる過程を楽しく観
ることができ、来廊者を喜ばせていた。
同ギャラリーは展覧会とともに、こうした試みを今後も実施していくそうで、ますま
す注目を集めていそうだ。

hiromart gallery tokyo
http://hiromartgallery.com
初展覧会「Tokyo here we come !」(6.4-6.26)

Tagged as: No Comments
76月/100

麹町画廊

先日、AMA麹町画廊で行われていた
”Koutaro Ooyama a.k.a. MON”による確信犯的快進撃
を見てきました。

彼の生み出した空間はまるで見たことのない全く新しい空間表現。
コンピュータ制御によるLEDライトの組み合わせにより
日常からかけ離れた光の演出が展開される。

Koutaro Ooyama a.k.a. MONという名の彼は
ペインター/グラ フィックデザイナー/DJ/トラックメーカー/プロデューサーである。
NIKE、SONY、TOYOTA、コカ コーラ、ISSEY MIYAKE INC. 等とのコラボレーションをこな 
し、アメリカ/ネバダ州で行われるビッグフェスティバル 
「Burningman」にてライブペインティングを決行する等、多岐に 渡り活動中。

残念ながら展覧会会期が終了してしまい
壁一面に描かれた斬新的な空間は麹町画廊では見られないですが、
今後の彼の活動にぜひ注目したいと思います。

根岸

Koutaro Ooyama a.k.a. MON HP↓
http://www.koutaroooyama.com/

麹町画廊HP↓
http://www.amatokyo.com/garou

Tagged as: No Comments
   

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META