月刊ギャラリー 編集部ブログ
95月/100

「光と闇」 須藤康花展

連休最終日のこどもの日に墨田区役所1階にある、
すみだリバーサイドホール・ギャラリーで開催されている須藤康花展に伺いました。

作家の須藤康花さんは、ネフローゼ症候群を二歳で発症し入退院を繰り返す生活を余儀なくされ、昨年の5月に30歳の若さでこの世を去りましした。
亡くなるまでに約1000点となる膨大な作品数を遺しました。
展示されたそれぞれの作品には作家の人生の一刻一刻の時間が凝縮され、圧倒される深い世界を漂うような感覚にさせられたました。
今回の個展での展示は、全作品のほんの一部ですが、今後も個展の開催を予定しているそうです
営業部 井上

闘病生活30年の生涯で見つめた「光と闇」
須藤康花展
5月5日(水)~11日(火)10:00~19:00
最終日11日は16:00まで
すみだリバーサイドホール・ギャラリー
東京都墨田区吾妻橋1-23-20 墨田区役所1階
tel03-5608-6430

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment


No trackbacks yet.

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META