月刊ギャラリー 編集部ブログ
194月/100

三木俊博展

 銀座のギャラリー舫では、三木俊博展が開催されています。
 ジャンヌダルクやシモネッタ・ヴェスプッチなどの歴史上の人物、
 またメデユーサなど神話に登場する架空の人物をモチーフにしたブロンズ彫刻を展示しています。
 展示はそれぞれの人物たちが空中に浮いているかのように、
 台座から少し浮かせて展示する工夫がされています。
 それに作品を実際に手に持ち、鑑賞することもできるので、
 その作品の重さや感触が直に伝わり、三木さんの制作している様子が
 浮かんでくるようでした。
 三木さんの作品には、全てに「哀」が含まれ、栄光の後の朽ち果てる瞬間が
 一番美しいと言ってました。

 ギャラリー舫   三木俊博展
 2010年4月16日(金)~21日(水)
 中央区銀座3-9-4 第一文成ビル3F
 http://www.g-beaux.jp/

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment


No trackbacks yet.

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META