月刊ギャラリー 編集部ブログ
194月/100

三木俊博展

 銀座のギャラリー舫では、三木俊博展が開催されています。
 ジャンヌダルクやシモネッタ・ヴェスプッチなどの歴史上の人物、
 またメデユーサなど神話に登場する架空の人物をモチーフにしたブロンズ彫刻を展示しています。
 展示はそれぞれの人物たちが空中に浮いているかのように、
 台座から少し浮かせて展示する工夫がされています。
 それに作品を実際に手に持ち、鑑賞することもできるので、
 その作品の重さや感触が直に伝わり、三木さんの制作している様子が
 浮かんでくるようでした。
 三木さんの作品には、全てに「哀」が含まれ、栄光の後の朽ち果てる瞬間が
 一番美しいと言ってました。

 ギャラリー舫   三木俊博展
 2010年4月16日(金)~21日(水)
 中央区銀座3-9-4 第一文成ビル3F
 http://www.g-beaux.jp/

Tagged as: No Comments
134月/100

現代作家オークション小品展、開催!

 銀座のギャルリー志門で、第1回現代作家オークション小品展が開催されています。

 20代から70代までの作家75人が、バラエティーに富んだ小品100点余りを出品しており、初日(4月12日)から大勢の人が画廊へ足を運んでいました。

 このオークションは今月18日まで受け付ける入札制で、初日から入札された作品があちらこちらに。5000円から入札できる作品もあるので、美術品を部屋に飾って楽しみたい、手元に置いて好きなときに眺めたいと思っている人には、手頃な価格で美術品を購入できる良い機会になるかもしれません。

ギャルリー志門

東京都中央区銀座6丁目13−7 新保ビル 3F

03-3541-2511

g-simon.com

Tagged as: No Comments
134月/100

Yoon Jung-Sook展

韓国人作家のYoon Jung-Sookは日本で初めての個展をギャラリーQで開催しています。
彼女の作品は雑誌を細長く切り取った断面を並べ、画面に観葉植物や果物などの、
モチーフを形成しています。
日本で展示するために制作された約10点を見ることができます。
韓国の雑誌を一行分の幅で貼り付けてあったが、韓国語だったため内容はわからなかった
のが残念。
でもギャラリーのオーナーの上田さんは韓国との親交が深く、
韓国での展覧会や雑誌の編集も手がけられています。
内容など詳しく教えて下さいます。
インパクトのある作品で銀座へギャラリー巡りの際は寄ってみてください。

ギャラリーQ
中央区銀座1-14-12
03-3535-2524

Yoon Jung-Sook展 4月5日~4月17日

Tagged as: No Comments
114月/100

宮澤男爵展-宙吊り-

銀座の東京画廊では、宮澤男爵展が開催されています。

宮澤さんの作品は繊細な線で円や粒を描き人の形を作っています。
鉛筆や墨、水彩やコラージュなど、様々なパターンで描かれ、
特に面相筆で描かれた水彩の作品の繊細さは見ごたえがあります。
かと思えば、同じ水彩で画面いっぱいに飛び出す勢いのある作品もあり、
男爵さんの作品の変化は興味深いものがあります。
次はどのような作品が見られるか、次回の展開も楽しみです。

また男爵自さんは、不思議な魅力のある作家で、展覧会場で会うことができればラッキーです。
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

東京画廊
東京都中央区銀座8-10-5 第4秀和ビル7階
TEL:03-3571-1808
http://www.tokyo-gallery.com/

宮澤男爵展-宙吊り- (-4月17日)

Tagged as: No Comments
64月/100

ギャラリー枝香庵高野卯港展

高野卯港が銀座のギャラリー枝香庵で開催されています。高野卯港は白血病で1年半前に他界し、絶筆となった力強いタッチで色彩が華やかな「鞆の浦風景」など約30点を展示されています。筆跡が画面に刻まれ、高野が見てきた景色が今でも色鮮やかに残されています。
その風景は、どこか懐かしく暖かです。
ゆったりした時間を過ごしたいとき、ギャラリー枝香庵と高野卯港展はとてもおすすめです。

ギャラリー枝香庵
050・3452・8627
高野卯港展
2010年3月30日(火)~4月8日(木)

Tagged as: No Comments
54月/101

月刊ギャラリー4月号の表紙の作品?

アートフェア東京2010(会期4/2ー4/4)の会場(=東京国際フォーラム)に足を運んだ人、あるいは月刊ギャラリー4月号を見た人、
4月号の表紙の作品について気づきましたか?
実は、アートフェア東京2010のYOKOI FINE ART L28ブースで展示されていた三宅一樹さんの作品「YOGA ー PRANA」
なんです。
4月号の42ページの写真と表紙とを見くらべて、気づいた人もいると思いますが、表紙はこの作品の手の部分を大きく使ったので、
気づいていない人もいるかもしれません。
実際に観ましたが、深い精神性を感じさせる彫刻作品です。
アートフェア会場に行ったのに見逃した人も、4月号で見ただけの人も、三宅さんの作品が直に見られる機会が今月にまたあります。
4月13日ー5月1日 三宅一樹展 〝氣〟(YOKOI FINE ART http://www.yokoifineart.jp/
アートフェア東京での発表に続く個展で、新作も発表されるらしいです。
上田
Tagged as: 1 Comment
   

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META