月刊ギャラリー 編集部ブログ
23月/100

島崎蓊助展

 銀座のヒロ画廊では現在、島崎蓊助展が開催されています。
 島崎蓊助は文豪の島崎藤村の息子にあたり、父親譲りの芸術家気質を画家として開花させた
 人物です。その作風は力強く、当時の彼の想いや感じた景色が伝わってきます。
 今回の展覧会は1970年のみに描かれたセピア色の作品が展示されています。
 画風が筆を重ねるほど濃く描かれ、光と影のみ映し出す画風は今でも新鮮に映りました。
 その作風で描かれた作品は1970年に30点程描かれただけで、とても貴重な作品です。
 貴重ななかでも、彼が生前書き残した画業の集大成ともいえる「ノオト」も一緒に展示され、
 その「ノオト」には彼の描いたスケッチや思ったことが文章に綴られています。
 なかなか展覧会が画廊で行われる機会が少なく、一見の価値があります。
 月刊ギャラリー2月号でも紹介しています。

 ヒロ画廊
 2010年2月22日(月) - 3月13日(土)
 中央区銀座6-7-16

 伊藤
ヒロ画廊.jpgヒロガロウ.jpg

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment


No trackbacks yet.

カレンダー

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META