月刊ギャラリー 編集部ブログ
42月/100

今年誕生したアートフェア「G-tokyo 2010」

2G-Tokyo1月30日・31日に、アートフェア「G-
tokyo2010」が開催されました。
参加ギャラリーは
アラタニウラノ、ギャラリー小柳、ギャラリーSIDE2、ヒロミ
ヨシイ、ケンジタキギャラリー、児玉画廊、小山登美夫ギャラ
リー、ミヅマアートギャラリー、オオタファインアーツ、SCAI THE 
BATHHOUSE、シュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリー、TARO 
NASU、ワコウ・ワークス・オブ・アート、山本現代
の15軒。どれも日本の現代美術を専門とする画廊で、国際的な知名度
を持つ画廊です。あるいは「現代美術画廊」というより、「コンテ
ンポラリー」だとか「ギャラリー」といった言葉が似つかわしいか
もしれませんね。

六本木の森アーツセンターギャラリーを会場に開催され、29日に行わ
れたプレビューも多くの人で賑わっていました。規模よりも質を重
視したこのフェアは、出展画廊数こそ少なくはありますが、国際舞
台で活躍する画廊ばかりであるため、さすがの見応え。
杉本博司、ゲルハルト・リヒター、アニッシュ・カプーアなどの有
名作家から、金氏徹平や西尾康之などの若手先鋭作家まで、誤解を
恐れず言うならば「外れなし」の出品作家陣。ただ、いわゆる横文
字で言う所の「コンテンポラリーアート」で「日本の現代の美術」
ではないといった印象。ローカリズムよりもグローバリズム、とも
言えましょうか。その分、日本のアートシーンの最先端としてより
リアリティはあるわけです。
今後の展開が注目されます。

G-tokyo2010 www.gtokyo-art.com

編集部 深井

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment


No trackbacks yet.

カレンダー

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META