月刊ギャラリー 編集部ブログ
2910月/090

AISHO MIURA ARTS とても面白くて新しい発想で空間を生み出している今注目のギャラリー。

DSC04471DSC04475DSC0447811月8日まで延長して開催しております"parapera show"は多数の作家さんの作品とZINEが展示してあります。

ZINEて何ですか?と聞いたら写真やイラストをそのままホッチキスでバチンと止めてある同人誌のことで、

オーナーさんはとても親しみやすく、ZINEを知らなかった素人な私にも色々教えていただきました。

手作りで温もりのあるZINEを購入でき、またその場で好きなように作れるのはとても嬉しいですね。

また、アイショウミウラアーツは10月29日より"ウルトラ"と"青参道アートフェア"の

両アートフェアに参加しています。

 

アイショウミウラアーツHP↓

http://www.aishomiura.com/

 

ULTRA002↓

http://gemba-firm.com/001ultra/002/ultra002.html

 

青参道アートフェア↓

http://www.aosando.com/

 

 

根岸

Tagged as: No Comments
2810月/090

生田信行 油絵展

銀座7丁目にある美岳画廊の生田信行 油絵展に伺いました。

季節的に秋から春にかけての作品で、稲を干している風景や、雪景色を描かれている作品も温かみのある表現でした。作家の生田さんは都内に在住ですが、東北の出身で今回の作品は北国の風景画がメインに描かれています。行った事もないのになぜか懐かしく見る側にも癒されました。

梟の静物画も可愛いかったですよ!!

 

美岳画廊にて

11月1日(日)まで開催しています。

 井上Image017Image018Image019

2810月/090

IZU PHOTO MUSEUM 開館

先日、10月26日に開館するIZU PHOTO MUSEUMに取材に行ってきました。

静岡の暖かな気候と丘の上の静かな土地に十分に癒されました。同館はヴァンジ彫刻美術館と隣接しているので、美術品観賞に、また少し羽根を伸ばしに出かけるのに最適です。

慌ただしい出版の仕事ですが、仕事で美術館に行けるなんて役得ですね。ちょっと贅沢な一日を過ごせました。(もちろん取材もしました!)

IZU PHOTO MUSEUMは月刊ギャラリー12月号の「美術館の風景」でご紹介予定です。

 

深井

2710月/090

ギャラリー・ショアウッドの釘町彰展

つかの間の秋晴れも今日はあいにくの雨模様で画廊回りには骨の折れる一日です。しかしギャラリー・ショアウッドでは開廊3周年を記念した釘町彰展が今日から開催されていて貴重な出会いがありました。釘町彰さんといえば「Lightscape」のシリーズで知られていますが、今回はそのシリーズの作品を壁一面に並べ、色とりどりのタイルのように一つ一つ均一に展示し、一つの作品とした新しい展示の試みをされていました。画像はちょうどオープニングにおじゃました場面です。今までの作品は凛とした静寂を感じさせる作品が印象的でしたが、今回は色とりどりでポップさのなかにも、落ち着きのある雰囲気は変わりませんでした。ギャラリー・ショアウッドでは実力のある作家が多く、展覧会のたびに違った雰囲気に魅せられます。

R0011786会期:10/26~11/13

住所:港区南青山3-9-5

http://shorewood.co.jp/top.html

 伊藤

Tagged as: No Comments
2610月/090

作家 松岡美子さん

ギャラリーゴトウで出会った作家の松岡美子さんは、信念を貫いて今生きている私の「空間」を絵画で表現していきたい。画面の奥から一瞬現れる美しい線と空間を留めておきたいと筆を握ると語ってくれました。

過去と未来の間の一瞬の今現在生きている意識を重ねて表現している絵画はどこか幻想的で生命の不思議さを感じさせます。

松岡美子さんは、とても気さくな方で沢山お話してくれました。ギャラリーゴトウでは松岡美子さんの展覧会は終わってしまいましたが、また次回の松岡美子さんの展覧会を楽しみにしています。

ギャラリーゴトウでの11/4~11/14まで「靉嘔、野田哲也、その先にあるもの」「鎌谷伸一展」も是非注目したいです。

 

ギャラリーゴトウ

http://www.gallery-goto.com/

 

根岸

 -1-2-3

Tagged as: No Comments
2610月/090

竹内喜久江展

Image005Image008北青山にあるgallery Concept21の竹内喜久江 水彩・パステル画展に伺いました。

今回は、ここ3年間に旅して描いたヨーロッパの風景で、スイス、イタリア、南西フランスの風景画で、どこも中世がそっくり残っていて、特にオランダの田舎は色彩が多く綺麗な風景なので好きだそうです。20年前までは油絵を描いていたが、その後は水彩画を描く楽しみが出来たとの事でした。

28日(水)まで開催しています。

 

井上

Tagged as: No Comments
2610月/090

香染美術での江本創展

R0011770R0011777昨日でやっと月刊ギャラリーの締め切りも終わり、社内の落ち着きを取り戻しました。

今日は締切前からずっと行きたかった展覧会へ行ってきます。

阿佐ヶ谷にある香染美術の江本創展に伺いました。南阿佐ヶ谷駅から徒歩5分くらいのところにあり、外からでも展示の様子が伺える1階にあります。

1歩足を踏み入れるとそこは江本ワールドが広がります。標本がずらりと壁を囲み、その中にはドラゴン?古代魚?と思わせるミイラが展示されていました。どこかの古代生物の研究室に入ってしまったような雰囲気です。

鱗の一枚一枚、羽の模様や皺、歯の質感など、どれをとっても抜かりのないミイラに見えます。身体の質感やミイラの表情など、実際にいた生き物と言われても納得してしまいそうなリアルさです。実はこの作品、紙で作られていていると聞いて更にビックリしました。

今回の展覧会は月刊ギャラリー10月号の記事で3kyewordsでご紹介をしています。記事では江本さんの、このミイラ作品をせいさく制作することになったおもしろい経緯や作品への情熱が語られています。

一読して展覧会へ行かれると、作品をもっと楽しめます。

 

会場:香染美術

会期:10/17~10/31

http://www.kouzome.com/

 

伊藤

Tagged as: No Comments
2610月/090

思いの伝わり方?!

 取材をするとき、その取材相手の写真を撮ることがよくある。たいていの人は、あまり撮られ慣れていない。だから、撮ろうとすると、やや緊張した顔になってしまう。当然と言えば当然なのだろうが、あまりに緊張した顔は少し恐く見えてしまうこともあるので、掲載写真としてあまりふさわしいとは言えない。

だから次のような質問して、返答してもらっているところを撮る。 取材相手も話すことに集中するため、少しは緊張しなくなくなるというわけだ。

「この頃、いいと感じた展覧会は何かありましたか?」

 美術関係者なら、何かと作品を見る機会があるので、たいていはイキイキと話してもらえる。

 あるギャラリストにこの質問をすると、今年の越後妻有アートトリエンナーレに行ったことを語ってくれた。

 このトリエンナーレは新潟で行われているため、国内外から多くの観客も来るが、やはり周辺地域に住んでいると思われる方も多く見られたらしい。

 そんな中でも、60歳前後の年齢の方が「これは凄い」と声を上げて、作品をほめていたところを、前述のギャラリストは何度か見たというのだ。

 彼はこの様子に感動したという。確かに、美術関係者以外でこの年代の人が現代美術を観ることは少ないと思う。それもほめていたとなれば、なおさら貴重な光景かもしれない。

 この話を聞いて、こちらもうれしいと思えた。こういう思いの伝わり方もあるのだ。

 

上田

Tagged as: No Comments
2610月/090

日頃の備え!

パソコンが予告もなく突然壊れてしまいました。バックアップ用のハードディスクは持っているのに、1ヶ月半もコピーしてなかったので、実質的にバックアップは用をなさないのでした。重要な書類やその他のデータは、救出されると思いますが、28日までその作業は終わらないようです。何の不備もなかったパソコンがいきなりダウンするとは、日ごろの備えの大切さを思い知りました。このブログへのアップも、そのため締切後の1日空白になってしまいました。それにして締切後でまだ良かったと思うしかないでしょう。

しかし、本当に完全に情報が救出されるのか心配です。

 

本多

Tagged as: No Comments
2210月/090

Uボート企画 U-Planning

九段下駅、または神保町駅から徒歩5分の九段下アートギャラリーCORSOで開催しているU-Planning第1回展のオープニングパーティーに参加させていただきました。

中に入ると、3つの広い部屋で分かれておりました。多彩な色彩の絵が並ぶ部屋など、また出会いというものを本当に大切にしているのが雰囲気で伝わり、とても明るく楽しく思える空間でした。写真のなかの素敵な女性は作家のいいじまようこさん。いいじまさんが描く女の子に一目でとても惹かれました。

この展覧会はデザイン事務所のUボートが企画しています。UボートはArt WalkingというBSデジタルラジオで2004年まで放送された美術番組を制作していました。作家たちが放送時間を自由に利用し自分を演出できる番組です。そこで出会った作家さん達や今まで出会った作家さん、これから出会うであろう作家さん達と新しいものを創りあげていきたいととても楽しそうにお話いただきました。

Uボートの矢崎さん、千葉さん、いいじまさん、ステキなお話を沢山聞かせていただきまして、ありがとうございました。私もみなさまに出会えて嬉しかったです。出会いというのは本当に素敵なことだと教えていただきました。

また展覧会で作品だけでなく作家さんを知っていただきたいと矢崎さんは言います。

この展覧会は超必見です!!!!

 

展覧会情報↓

ウー・プランニング 第1回展 / Uボートが出会った4人の作家たち

日にち:2009年10月19日(月)~31日(土)  場所:九段下アートギャラリーCORSO

http://uboat-data.com/u/html/index.html

 

UボートHP↓

http://uboat-data.com/DSC04449のコピーDSC04453のコピー

Tagged as: No Comments

カレンダー

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

記事カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

タグ

コメントの事前承認について

皆様からのコメントは管理者の承認後に掲載させていただきます。管理者が不適当と判断した場合には不掲載や予告無く全文または一部の削除となる事がありますので予めご了承ください。尚、その場合の事由についてお問い合わせには回答いたしかねます。

管理者によって誤字脱字・一部文面・改行・スペースなどを変更処理して掲載する場合がありますが、ディスプレー画面スペースの都合上、判りやすく見やすくするための処理で、基本的なコメント内容を修正するものではありません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

是非月刊ギャラリー編集部と、アートについて(それ以外でもOK)語り合いましょう!

META